2010年01月04日

新春初ざんげ

そんなこんなで2010年になりましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

あけましてとかおめでとうとか
そういう挨拶関連は次回にちゃんとやります。

こんばんわ
野々市です。

実家に帰っておりました。

実家では長男や次男や長女やワシなどが風邪をこじらせ
すこしてんやわんやでした。

さて、特筆すべきは私らがお世話になっていた
実家のわれら家族が寝る部屋なのですが

ジャストその部屋のみですが
間取りは以下のとおりです。


100103_01

誰が悪いというわけではありませんが
図の右下、赤色の収納棚があるところが入り口なのですが

あとから、割と無理やりに設置した収納棚のせいで
ちょっと入りにくい部屋になっております。

オレンジ色の部分が入り口の引き戸ですが
棚があるために
引き戸全開じゃないと入れません。
ATフィールドじゃありませんがとにかく全開が必要です。

なのですが

今回みんなで寝るため
おフトンびっしりとしきつめたものですから

部屋にもともと置いていた
わりと長めの横長のたこ足コンセント(下図、赤四角)が
フトンに追いやられ、引き戸のレール部分におさまってしまい

コレがきれいに入り口のつっかい棒の役目を果たし

100103_02

入れない事がしばしばでした。

私なんかネコ科の人間ですので
動線が自分の思い描くとおりにならないとイーッてなります。

なので、部屋に入るたびに邪魔をするコンセントは
イーッてなってその度に排除するのですが

残念なことに、ちょっと足でずらす程度なので
すぐポールポジションに戻ってしまうコンセントと
何度も激しく戦うことになります。

そんな中

元旦の夜だったろうか。。

またも入り口スライドしてもガンコとして開かないので
ちくしょう、またアレかと思い
こう、なんども入り口あけたり閉めたりしてたら

僕の操作するその引き戸の角の先っちょはよく見ると
幸せそうな顔で寝てる次男のテンプルを的確に攻めており

100103_03


彼の初夢をその先っちょの角で凄惨なモノにしていたらどうしよう
と思うと、あーどうしよう、と思うのです。

この場をかりてごめんなさい。

 

nonoichi_blues at 01:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年12月26日

みんないのちをガンガンめいれいさせろ

カワイさん(仮名)の机に
例の「はんぶんがやさしさでできている薬」
の権利に軽く抵触していそうな薬が置かれておりました。

091202_2239291


ここまででも完全にぎりぎりかと思うのですが

錠剤を見ると
上記見る限りどこにもBという文字が使われてないのに

錠剤に思いっきり( B )って書いてあったので
なんだか、バファリンのやさしさは
こういうのをもゆるしてしまうやさしさなのかと
思う今日この頃

いかがお過ごしでしょうか。

今年もサンタさんをしました。
こんばんわ。野々市です。

お父さんはファイナルファンタジーが欲しかったのですが
クリスマスイブに異動というプレゼントを貰いました。

あ、別に
転居は伴いません。

お父さんは奥歯が抜けたみたいになって
いつもですらすれすれのやる気が
完全にすれすれになりましたよ。

あ、あと

ウチの近所で
あの新撰組が討ち入りをしたことで有名な
池田屋を見つけました。

Image1261


まさか京都にあるはずの池田屋が
川口にあったとは!(注1)(注2)


注1・・・上は新撰組ゆかりの池田屋ではありません。
注2・・・新撰組ゆかりの池田屋はちゃんと京都にあります。

 

nonoichi_blues at 00:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月06日

打ち止め

奥さんが「コッ!コッ!ア~♪ コッコッ!ア~♪」と
ココアの歌を歌っているので
それは誰の歌か聞くと

誰だっけと悩みながら
ヒロミ ゴウでは無いと言いました。

おかしいなぁと思いつつも
じゃあ誰なのかと聞くと

モリタ ゴウでもないし
カトウ ゴウでもない

さてはサカキバラ ゴウなのかとか思っていると

あ、郷ひろみだ、と妻が言うので

ヒロミ ゴウと一番初めに言ったでは無いか、と
そういう突っ込みをしたらなんか怒られた。

こんばんわ
野々市です。

ドリコムにてブログを書いておりましたが
ドリコムブログが無くなると言うので
簡単に引越しができるというこちらに
お引越しをいたしました。

で、以下、お引越しだけに
おしっこの話が出てきますので
お食事中の方はお食事を済ませてから
ご一読ください。

はい。続けます。

先日朝がた
会社でトイレに行っておしっこをしたところ
ポロッと赤い玉が出てきました。

これは朝から
やってしまった、と。

そう思いました。

次におトイレに行ったときは
尿には赤球混じってませんでしたが
手を洗うと手の中から赤い玉が
ポロッって!

死んだ。はいはい。今日死んだ。
いつかちゃんの花嫁衣裳見れなんだ。とか。

いろいろ走馬灯のように思い
取り急ぎ今日の早退の申請を
どう切り出そうか悩んでいたのですが

よく見ると私その日
真っ赤なボクサーパンツはいてて
どうもその繊維が取れやすいらしく

それがひらひらとおしっことか
手に付着したりとかでした。

奥さんの買うパンツの値段と質
それからその色について注意が必要だと
思いました。


という話。



 



nonoichi_blues at 17:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年10月31日

人の噂も青島刑事

魔女のキキと、とんぼのところの
お姉ちゃんのニニと弟のトトが
最近大きくなって
そろそろお姉ちゃんは魔女の修行の時期とかで
大変らしいですよ。

こんばんわ。野々市です。

お仕事で
展示会に行って参りました。

新人のおんなの子さんと行ったのですが
その子は福島県出身で、生まれてこの方福島県でした。

僕はというと静岡生まれの石川経由の兵庫住まい。

なので東京の主要な景色が見えても
それが本物なのかわかりません。

電車に揺られていると
とてもいい景色が見えていて

大きな川とこぢんまりした橋が見えました。

新人さんが言いました
「オオタさん、あれはレインボーブリッジではないですか?」と

オオタさんは言いました
「えー、あれが?
 うーん。。。ちょっと小さくない?
 あれなら俺、閉鎖できる。

新人さん
 「なるほど、確かに。


 - - - - - - - - - - - - - - -

なんつってましたが
お察しのとおり
それは本物のレインボーブリッジだったらしく

「オオタさんがレインボーブリッジ閉鎖できるって
 言ってました」っていう噂が流れていたら

デンジャラスだ。



 

at 10:35|PermalinkComments(3)

2009年10月25日

エキサイ天狗

娘がこう、座りながら
手をぱちぱちと拍手をします。

拍手に疲れると
両手を床に着きます。

この間
拍手を1回ぱちんとやって
その直後に床に手を着けたので

鋼の錬金術でもしそうな感じでしたが

錬金術のようだなぁ・・

なんて
うちの家族の誰に言っても通じないよね

と、思っていたら次男が
「はがれのねんきんじゅつや!」

と叫んでいました。

年金術だと
なんだか年金を上手に使うコツみたいで
なんだか違うなぁと思いました。

こんばんわ
野々市です。

先日ご長男の誕生日でしたので
東武動物公園へ行ってみました。

東武動物公園ではなんだか最近
ネコ型何とかとかいうのを
新しくしたとかしないとかで

ヒョウとかピューマとか
ライオンとかトラとかその辺の
でかい猫系の動物の展示を
新しくしたそうです。

旭川動物園みたく
ライオンのオリの下から
ライオンが見れました。

なるほど
オリの下から見てもやっぱり
動物園のライオンは寝てる。

や、ライオンはどうでもよくて。

特筆すべきはトラ

ホワイトタイガーがいましたのですが
ちょうどおやつイベントの時間でした。

おやつイベントが秀逸で

いわば、猫と暮らした経験ある人なら
イメージしやすいと思いますが

ガラス挟んで猫じゃらしピコピコすると
猫がガバァ!っつって向かってきて
ガラスに激突みたいなじゃれあい?を

猫をホワイトタイガーに
猫じゃらしを馬肉に置き換えてみた、的な
そんなチャレンジャブルなイベントしてました。

おやつのあいだは人が多くて
あまりガラスの前に立てませんでしたが
ある程度人が流れていった後も
すくなからずトラはエキサイティングな状態で

ばっかんばっかんガラスに飛びついて来てました。

それもこれもなんというか
うちの5歳と3歳のお兄ちゃんズの顔めがけて
何度も襲い掛かってくるので

ははぁ、さてはこのトラ
うちのメンズをエサに置き換えてみた、的な?

しばらくはお子らも飛んでくる白虎を
はしゃいで楽しんでいましたが
トラの本気の目と、言葉にならない会話を交わし
われわれはえさとみなされているという空気を察したのか

お子たちが
「なんか、もういい」「僕ももういい」と言いました。

なるほど。
貴重な経験をしたかしなかったかの
どっちかだぞ。大きくなれ。




 

at 21:09|PermalinkComments(2)

2009年10月14日

セプテンバー なんとかス (後編)

思えばいろいろな結婚式に出て
いろいろな失敗をしたのだと思います。

●バイトの真っ最中に先輩の式の
 余興でギター弾いてみたり

 でも、そのとき僕は弾いているギターのピックが
 ぱぴょーんて飛んで行ってしまって
 演奏の最中に「めがねめがね」ばりに
 ピックを探してましたよ

●相方さんのお友達の式の余興に
 式に参加してないのにゲストでだけ登場してみたり

 ところが僕はそのときもギターで
 今度はコードを忘れてしまって、しばらく
 世界初の
 「ギター持ったままエアギター」をいたしてました。
 ひゃくまんドルの苦笑いで。

●あとは結婚式だかオフ会だかわからなかったり

とか

そんなわけでこんばんわ

 ざわ・・・

   ざわ、ざわ・・

静粛に願います。
野々市です。


快晴な結婚式当日の

前日

僕はお友達とお酒を飲んで
汗ばむ辛さの豚キムチーを楽しく食べたので

声が出なかったらコレすなわち
酒とキムチが悪いのだと
そういう言い訳を用意していたのですが

当日は

空はとっても青く澄んでいるばかりか
のどもとっても調子が良くて

もし、オクチの管理人さんがいたなら
これ以上はありませんよ!って
泣いて大声上げるほど
カラッカラに乾いたクチん中の状態と
いつもよりやけにリズミカルな鼓動な僕の心臓以外は

ナイスコンディションです!

イイぃ結婚式になりそうだ!
僕のコレとコレ以外はね!

会場で

完全に潤いの無い、言わば「 逆TSUBAKI 」な口で
その辺の人とコミュニケーションをとってみたところ
なるほど!僕のこの歌ってやつは
ほかの皆さんにはナイショのイベントであるということに
気がつきました。
空気が読めるミソイチ。

なるほど、シークレットなイベントですからねぇ
僕のこの「今、緊張してます」な思いは
いやぁ、たいへん
ほとんどの人と共有しちゃ駄目な思いなのです。

共有したい!
届いてますか僕のS・O・Sハート

新郎新婦を祝福するためには
ほとんどの人に内緒にしとかねばなるまい
「なんでオオタくんそんなに汗かいてんの」
と不思議がられねばならない。
空気が読めるミソイチ。

そんなこんなで
式場の案内のおねえさんとかに
「僕、リハーサルしてないんですよ
とか

ガゼンよくわからないカミングアウトをしつつ

いつ入りのタイミングなのかもおぼろげのまま
生演奏が開始したのですが

よく見ると
口がカラッカラなのは僕だけじゃなくて

流れるピアノの音を肌で感じるかぎり
あ、すぐそこで生演奏してる
ピアノ担当の新郎E田さんも
きっとありゃ かっぺかぺや、と

そう思えると
不思議とあの日の
ふたりのビッグショー的な

すごくいい意味での
どうにでもなったれ感が出たり入ったりして

歌いきったあとの

最後の余韻はとても心地よかったですよ。

ああ、そうそう
この余韻。このフィニッシュ。

そうなのだ。

僕はこういう
最後の余韻がすごく好きだ、と思ったのですが

アナウンスの人が
「はい、では新郎新婦の入場です
っつって

うーわー
そうだ、そういえば

「たった今、式は始まったのだ!

と、
僕の感じたフィニッシュ感が
今世紀最大の空振りだったことに
気がついたとき

ぺきょーんっつって

腹筋が音を立ててツリました。


改めましておめでとうございます。




 

at 23:33|PermalinkComments(1)

2009年10月12日

セプテンバー なんとかス (前編)

電車でどこかのお父さんが
「ほれ、あれがナオツグゆかりの・・・」
とか話されていました。

それはカネツグでは?と思いました。

こんばんわ。
野々市です。

今日の日記は程よく長いですので

えー
まだお味噌汁飲みきってない!とか
そういう状況であれば
完全に汁を飲み干してから参戦ください。

先日、E田さん(仮名)の結婚式にお招きいただきました。

E田さん(仮名)は会社のひとつ上の先輩さんで
公私ともにとてもお世話になりつつ無茶ブリをしあった
間柄であると思います。

そんなE田さん(仮名)の式

式の1ヶ月ぐらい前に1通のメールがやってまいりました。

「オオタさん、ご相談があるのですが

と。

その際。

私は黒ヤギさんモードに入っておりましたので
その「相談内容」に全く触れないばかりか
1行しかないメールなのに全く内容も空気も読まず

「わかりました。やりましょう!

的な。

そんな返しをしました。

ご相談の内容を聞いておけばまだ
その頃には時間もあったのに。


思えばいろいろな結婚式に出たと思います。
・バイトの真っ最中に先輩の式の
 余興でギター弾いてみたり
・相方さんのお友達の式の余興に
 式に参加してないのにゲストでだけ登場してみたり
・結婚式だかオフ会だかわからなかったり

とか

さてそのE田さんの結婚式ですが
式の3,4日前でしたでしょうか

聞いてなかった【ご相談】の全貌が明らかになりました。

●歌を歌ってもらいたい

 なるほど、E田さんとはいろいろ
 カラオケとか行きましたねぇ。

 野郎二人で朝までカラオケする
 「ふたりのビッグショー」とか
 行きましたしねぇ。

●平井堅さんのLOVE LOVE LOVE を歌ってもらいたい

 なるほど、しかし僕それ
 確かにカラオケ行くと必須で歌いますが
 残念ながら原曲一度も聞いたこと無いです。

 相方さんの以前の(?)持ち歌です。
 オリジナルを知りません。

●カラオケで歌うのではなくて
 新郎(E田さん)の生ピアノによる生演奏

 なるほど、おだやかでなくなりましたねぇ。
 それぐらいになっちゃうともはや
 リハーサルが要りますよ。リハーサルが。

 あるんですよね。リハーサル。

 へぇ、へぇ、ふーん。
 うーむ。なるほど。
 まさかの一発勝負。


●結婚披露宴の、ほら、その何?
 例のその「新郎新婦のご入場です!」っていう
 その時のその瞬間に生ピアノの生演奏で
 しかも屋外

 やべえ!そろそろシラフで聞いてられない!
 なんかもうしかも、そこまで聞くと
 ちょっとそろそろ
 「当日雨ふれ
 とか思ってしまってきたので
 もうそれ以上の情報は、いりません!

と、そんな感じでした。


そんなこんなでさて当日

超ォ? 快ッ晴!

んぬっはぁ?、、どーうしよう。
緊張でクチからネコのアクビのにおいしてきた。



            <つづく>



 

at 20:19|PermalinkComments(3)

2009年09月10日

PP→PK

そんなわけで先日誕生日を向かえ
ミソイチになりました。

誕生日プレゼントは
僕のために安くなったんじゃないかと思えるレベルの
プレイステイション3を買いました。
ソフトはバーチャファイター5を買いました。
日本はSEGAだ。

こんばんわ
ミソイチです。
野々市です。
31です。

ところで
ポニョみましたか。ポニョ。

ポニョといったら崖の上のそれです。

僕なんか高校以来
魔女の宅急便見ては泣きます。

アナウンサーの横をキキがぴゅーって飛んで
「魔女です!」で号泣です。

「おかあさんちょっとタオルとってタオル」です。

そんな中
きっとポニョはだめだろうと思って見ました。

子供の前で見て泣いたらお父さんのコケンにかかわるので
子供が寝てから奥さんとこっそり見てみましたが

やはり駄目だ。タオルがいる。

僕は

あ、以下ネタバレします。ミソイチだけに。

なので
ポニョを見てない方はこのスキに見てから
以下読むと吉です。

以下ネタバレ

僕は、所ジョージがとてもよかったと思います。
所ジョージがお父さん役なのですが

好奇心で外の世界に出る娘ポニョ。
そこでイイ男に逢ってしまうポニョ。

それを良しとせず本気で抗う父ジョージ。

ところが本当にポニョが
その野郎を好きなのだなとわかってからのジョージは

ジョージわぁ?

おかあさんタオルタオル

よかったです。
特に最後ポニョをつれてっちゃう小僧に対し
「ポニョをよろしく」的な握手。

ジョージよかった。

おかげで今は劇的ビフォーアフターとか見ても
所ジョージ説得力あるなぁ
っつって見れてます。

なによりだ。

いまさらポニョですが。よかった。と思います。



 



at 22:35|PermalinkComments(4)

2009年08月28日

組違い

長男のあさがおの観察日記

145d1171.jpg
かれてました。

こんばんわ
野々市です。

おにいちゃんはひばりぐみ
弟はそらぐみです

おとうとはまだ年少さんで
字がまだきちんと書けません。

でも練習中です。

夏休みの宿題の最中

幼稚園の組みと自分の名前を書くタイミングが
おにいちゃんと弟がそろいました。

おにいちゃんはひばり組ね。はい、書いて。
うん。ひばり組。

おとうとはそら組。書いてみ。

といっても弟は「そら」と言う字が
かけませんので
あいうえお表なんかを見せつつ
「そ」これが「そ」や。
なんつってやってみるのですが
おとうとはあきらめが早いのと
言うこと聞かないっぷりが働き
まーお父さんとお母さんは若干イライラしだして

ちょ、ええかホンマ「そ!」や
こー横にしゃっとかいて一回もーどーしーて
ぐーっと書いてぷりって!「そ!」

わからへん!と、弟。

しだいに声が大きくなります。
お互いの本気モードのぶつかり合いです。
真剣モード突入です。
がぜん目が血走ってます。

そんな折
「おにいちゃんのほれこれ見てみ!
 ひばり組ってちゃんと書いてあるやんけ
 弟はここなんて書かなあかんのか
 言うてみれ!
というと

ちっちゃな声で上目遣いをしながら
「えー・・?
 そばり組?
と言うもんだから

真剣な顔と
笑っちゃダメという我慢の顔と
なんでこいつはそんなミラクルアンサー出すのかとか
「そーばーりーてー」とか
ものっそい複雑な表情でぷるぷるしました。

トイメンのお母さんを見ると
なるほど彼女も口元笑いこらえてぷるぷるしてました。
「そーばーりーてー」て思っていたに違いない。

 
 

at 01:07|PermalinkComments(4)

2009年08月26日

夜空ノムコウ

この夏休み、いや、その前からなので
ゴールデンウィークとかぐらいだったでしょうか

高速道路を走るとJrらが
赤と白で塗り分けられた普通の鉄塔を見るたびに
「あれは東京タワーか」と
言うようになりました。

いいえ、あれは東京タワーではありません。と
普通の鉄塔です。と、答えると
少し向こうの同じ様な塔を指して
「じゃああれか」と
らちがあかない。

こんばんわ
野々市です

この不毛ないたちごっこを回避するべく
せっかく東京に来ているのだから、と

東京タワーを見せてみようと
実家からの帰り道の首都高にて深夜

ちょうどJrも眠りの合間みたいな感じで
起きていたので

「ほらみれあれが東京タワーぞ」と
指差した瞬間

0時になってしまってライトアップが消え
東京タワー消失。東京の夜空に。
あああ。

しょうがないので次の日東京タワー行きました。
高かったなぁ?。という話。




 

at 02:31|PermalinkComments(2)