2010年02月16日

ナンバー1が消えるとナンバー2がナンバー1に繰り上がる話

土曜日にボクシングの体験練習をして
日曜日に筋肉痛で既にがたピシとしていた私の体が
月曜日を向かえましたときの話です。

朝は私何といいますか
麻酔がかかったような状態で
あんまり感覚が無いのです。

だから冷たい水で顔を洗っても
そんなに冷たくない
朝起きて30分ぐらいたって
会社着くころにようやく
「あれ、今日、寒くね?」みたいな感じです。

あと、私何といいますか
辛いものを食べると
次の日の朝は腸が
痛くなりますのです。

ポイントは
 ・朝は感覚が鈍い
 ・辛いもの食べた次の日の朝はお腹痛い

そんな月曜日
朝方、目が覚めてから15分で身支度をして

 3 っ 3

こんな目をしながら電車に乗って
30分ほどしたとき

腸が
コンコン って

もしもーし って

昨日キムチ食べましたよねーって

あー食べました。
痛いス。お腹痛いス。

電車の中で
んのっそいお腹痛いス。

便所よったらちょっとあれだなー
急がなきゃ遅刻するなー
急がなきゃなー

と思いつつトイレに寄り
朝のお通じをすると

お腹の痛みが消えた瞬間に
それは来ました。

お腹の痛みがメインで来ていたため
気がつかなかった筋肉痛

ちょっと待てこれ
お腹の痛みおさまったら出てくるか!と

で、もうなんというか
遅刻しそうなので
ココロはすごく急いでいたのですが
筋肉2でカラダは全っ然急ぐことしてくれず
「そらキミ、エアロスミスやがな」みたいな動きしか取れず

3分遅刻した。

nonoichi_blues at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字